再生建築についてアキヒロワタナベが書くブログ

 既存を活かすからこその価値を😃

【新築】竣工したよ【木造】

竣工写真の撮影をしました。 竣工写真なう pic.twitter.com/ckkqe1q0Uj— 渡邉 明弘 Aki-Watanabe (@Akkun_Nabechan) 2018年12月25日 良い写真が撮れたし今年の仕事も収まったかなと思ったら某店舗の案件が再燃— 渡邉 明弘 Aki-Watanabe (@Akkun_Nabechan) 20…

建築士法改正

建築士法が改正されましたね。 www.mlit.go.jp 改正建築士法2年間の実務経験が受験要件から免許登録要件に変更され、早ければ20年度から導入とのこと。今学生のひとつ達は早急に受験のタイミングを良く考えると吉。院生時代、就職直後、社会人数年目のいつ受…

建築雑誌/2018年12月号

ツイートメモです。 福岡への機内で建築雑誌18年12月号を読んだ。今回の特集は①建築のレコード・マネジメント②デジタル・ヴァナキュラーの2本立て設計業務のデジタライズが進むとともに、竣工後の維持・管理や将来的な改修がますます重要となる時代に、相応…

住宅特集/2018年12月号

ツイートメモです。 住宅特集12月号をやっと読めた。「屋根と窓」というテーマは内と外をいかにに分ける/繋げるかが主題なのだけれども、境界をつくるには床も重要な要素。ということで原広司の『境界論』を再読しつつ<ルーフ><エンクロージャー>に加え…

独立する時に知っておいた方がいいことまとめ【設計事務所】

施主はやっぱり同年代/まだ住宅の設計からはじめるつもりなの?/宣言すること/これから就活する学生さんたちへ・・・

【価格】用途変更に必要なコスト・書類について答えるよ【期間】

検査済証なくても大丈夫。用途変更にかかるお金・時間・書類その他もろもろについて、再生建築専門の建築家がズバリ答えます。

グッドデザイン賞を受賞したよ

ということで、artBLDがグッドデザイン賞を受賞しました。 ‪【GOOD DESIGN AWARD受賞】‬設計監理を担当した #artBLD がグッドデザイン賞を頂きました。ミッドタウンで受賞展があるので、宜しければお越し下さると嬉しいです。タダ券めっちゃあるのでご所望の…

会社を辞めて丸3年。独立して良かった10のこと

お世話になった前職を退職してそろそろ丸3年。事務所としては3期目の途中です。あらためて、これまでやってて良かったことをまとめておきましょうか。

カッティングエッジの決断が必要

イタリアで高架橋が崩落するという事件がありましたね。 大量建設から大量維持保全への移行が急務ですな。これは対岸の火事ではない...。 https://t.co/oFuxyWMiih— 渡邉明弘 aki-watanabe (@Akkun_Nabechan) 2018年8月15日 ぼくが知る限りでは、死者数は3…

【初受験】一級建築士試験にストレートで合格する具体的な勉強方法【製図編】

一級建築士の学科試験お疲れさまでした。学科をクリアしたあなた、ここからが本番です。学科→製図とストレートで合格した勉強法を伝授するよ。

観光客を都市の構成員と考えて「ともに暮らす」という視点。

これ、いまから結構重要になるんじゃないかな〜。 #建築雑誌 で提示されていた、観光客を都市の構成員と考えて「ともに暮らす」という視点はすごく重要じゃなかろうか。シュリンクする都市に生じる余白を観光客で満たしてお金を落としてもらうだけじゃダメだ…

リノベーションにおける解体工事は躯体状況のチェック

解体工事のないリノベーションなんて存在しないと思うのですが、解体工事は躯体が丸見えになるので、その健全性をチェックするのにまたとない機会です。 が、ほとんどのリノベーションは躯体のチェックまでなされることは無いように思えます。 解体、補習☺︎…

art BLDのレンタルハウススタジオがめっちゃ上手くいってるみたい

順調みたいで嬉しいこと。 築40年くらいの建物を再生したプロジェクトのひとつで、オーナーさんが自宅をレンタルスタジオとして運営するというチェンジングな試みをなさっています。 これがなかなか上手くいってるようで、色んな企業がウェブサイト掲載用の…

道化師の蝶/円城塔

平成23年度下半期の芥川賞受賞した作品です。 何回読んでも判らない!選考委員もよく判らなかったらしいw#円城塔 #道化師の蝶 #芥川賞 pic.twitter.com/tK1QpjjJPw— 渡邉明弘 aki-watanabe (@Akkun_Nabechan) 2018年6月3日 いろんな方がおっしゃる通り、む…

自分のことは自分で考えよう/働き方完全無双

ということで話題の図書を読みました。 働き方 完全無双 作者: ひろゆき 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2018/04/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る まわりと同じでいることのリスク これからの働き方を考える上での前提…

【設計事務所も】選択と集中の働き方【他の職場も】

風邪で寝込む間、 #建築雑誌 を読む。寒暖の差が激しい時期に出張が重なったせいか発熱。。今回は働き方がテーマということで、元ボスの「自分の母親が住むと思って設計しなさい」という言葉を思い出した。— 渡邉明弘 aki-watanabe (@Akkun_Nabechan) 2018年…

【一発合格】一級建築士試験の勉強法・勉強時間【学科編】

余裕で一発合格したワタナベの勉強法や勉強時間をここで公開。

内と外の間/住宅特集2018年4月号/環境共生住宅

「内と外の間」なんて何年も前からアイディアコンペのお題にされつづけててもう聞き飽きた、なんて感じるテーマだったりします。けれどこのお題が今回号・環境共生住宅を読む上で重要だったように思えるし、古くて新しいこのテーマはまだまだ建築を考えるう…

【メディア掲載】art BLD その2

ということで、昨年手掛けたart BLDが住宅雑誌『「LiVES」VOL.98「30代の住まいストーリー」』に掲載されています 。 【家欲しい人☺︎】.#artBLD が 本日発売 @lives_magazine さんの「LiVES 」vol.98 に掲載されています☺︎住宅の内容はもちろん、今回は「30…

【メディア掲載】art BLD

ということで、昨年手掛けたart BLDがpioneerさんの公式インスタグラムでの撮影ロケ地に使ってもらえてるみたいです。 まだ寒さの残る2月。モーフにくるまったまま、ここを離れたくない。っていつも思うけど、起きてしまえばこっちのものだ。 「早く起きて朝…

人生のターニングポイント(2018.2.26追記)

久々の再会。 恩師に再開☺︎大学院の指導教官で、修行時代の師匠でもある青木茂先生の退官記念講演を聴いてきました。退官以来の再会&卒業以来の母校訪問で当時を思い出すとともに、時間の経過を感じた1日に。.Shigeru Aoki, who was my professor in unive…

修士論文・制作と地域社会圏のはなし

昔の「新建築」を眺めていると、山本理顕さんによる巻頭論文「地域社会圏」が目について久しぶりに再読。当時は「『1住宅=1家族」でないかー、分かる気もする。』くらいに眺めていた記憶が。 新建築 2008年 11月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 新建築社 発売…

紙媒体に載せる文章

建築設計のかたわらでブログ書いてますが、定期的に紙の媒体にも寄稿しています。これまで書いてきたもの・今書いているものをざっくり分けると下記の3分野になります。 <目次> 1.建築・不動産分野の雑誌 2.新聞のコラム 3.建築・不動産以外の専門…

【追記あり】福岡で既存建物をホテルにリノベすれば絶対成功する理由3つ

とあるセミナーで聞いた話なのですが、福岡は宿泊施設の開業にもってこいみたいですね。 <目次> 1)旅館業法がムダに厳しくない 1.フロントなしでOK! 2.客室の最低面積もボーナス! 2)宿泊施設の需要大 3)既存建物をリノベすればスタートが圧倒…

宝物館鳳翔館

敷地の視察で京都に行く機会があり、そのついでに平等院鳳凰堂を観てきました。鳳凰堂は上から見た姿が鳳凰のような姿をしているからその名が付けられています。建物自体もそうですが、正面から観ると水面に映ることでより一層美しく見えますね。建物という…

遠方からのご依頼

ありがたいことに最近は色んな地方からお声がかかっており、ちょくちょく出張をしています。先週は関西のプロジェクトで視察に。 ということで今回は遠方物件での対応の話を。 交通費と工事監理 ハナから結論ですが大事なのはここです。たとえば今ぼくは関西…

既存建物の寿命を調べる方法(RC造編)

前回は 建物の寿命は耐用年数とは異なる 建物の寿命は躯体の寿命に左右される 代表的な躯体である鉄筋コンクリートの寿命は、内部の鉄筋が腐食した時 という話をしました。で、今回はタイトルどおり「既存建物の寿命を調べる方法」について書くです。ちなみ…

建物の寿命は耐用年数じゃなく躯体によって決まる

建物の寿命として最もよく参照される資料といえば、「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」ですね。用途によりますが、この中で耐用年数は木造で22年、鉄骨造で38年、鉄筋コンクリート造で47年と定められています。でも、これらの年数が経過すると建物が…

DAN FLAVIN

DAN FLAVIN の個展に行ってきました。(9/3で終了なのだけど...。) www.espacelouisvuittontokyo.com この人の作品は、 学生の頃にイタリアへ行った時に観て以来の2回目です。 蛍光灯を並べただけの作品が芸術なのかと戸惑ったと同時に、新しいものをつく…

ファッションとしてのリノベーション

夏の定番クールビズに前身があったことを、どれくらいの人が知っているだろう? 1979年に第二次オイルショックを受けて、当時の大平内閣が打ち出した「省エネルック」がそれにあたるんだけど、これはクールビズに比べて全くと行っていいほど社会に浸透し…