アキヒロワタナベの再生建築について

 既存を活かすからこその価値を😃

木造の耐震診断は機械化しちゃった方が良い気がする

 

 

友人の立場も分かるのですが....。条件を与えられれば演繹的に答えが導かれるような作業は機械化した方が社会は豊かになると思うのですよね....。

とはいえ、ここであげている木造住宅の耐震診断は「簡易診断」と呼ばれているものです。木が明らかに腐っていないかとか、壁の量が足りているかとか、耐震性を検討するうえで必要としている情報量はそんなに多くないのですね。たぶん囲碁とか将棋より情報量は少ないんじゃないかな....。プロの技士をバンバン倒してるAI辺りだとマジで診断できちゃうんじゃないかと。

逆に、RC造、S造、SRC造とか、複雑な構造設計がなされているものなんかは当分は人間がやならきゃならんと思います。診断書も数百ページにおよぶくらいの情報量です。

人がやるべきはそういったとても機械には扱えないくらいの情報量があって、人間の直感とか仮説の構築力が必要とされる部分になってくるのかなぁ、なんて思っています。

 

 

 

では、また。

 

 

はじめましての方へ

 

自己紹介です

d.hatena.ne.jp

 

ブログスタートのきっかけ

d.hatena.ne.jp